新アイテムSIGMA 30mm F1.4 DC DN

カメラ

【作例付き】SIGMA 30mm F1.4 DC DN

α6400の標準パートナーに

α6400をより積極的に活用すべく、またレンズを買いました。既に動画の仕事では実戦投入しているのですが、どちらかというと静止画スナップを楽しみたくて買った標準画角(35mm版換算50mm前後)の明るい単焦点、SIGMA 30mm F1.4 DC DNです。

本格的な大口径レンズの楽しさをミラーレスシステムで体験できる、開放値F1.4の明るさを持つ大口径標準レンズ。大口径特有の大きなボケと、シャープで高い光学性能を堪能できる単焦点レンズの醍醐味を、最新の技術と設計思想を凝縮し、多彩な要素のバランスを最適化させたContemporaryラインのコンセプトのもとで具現化している。(リンクはソニーEマウント用です)

さっそくα6400に装着してみましょう。

バランスいいですね。α6400の「標準パートナーレンズ」に今後なっていくんじゃないかなと思っています。

付属のフード着けるとこんな感じになって、だいぶ印象が変わってしまうんですよね。。フードって要るのかな(お前なあ…)。できるならば、軽快さをスポイルするものは省きたいという考えなので、街歩きの時はフードはカメラバッグには入れておいて必要な時に、というスタイルにしようかな。

ちなみに、僕の従来の(これからももちろん使いますが)「標準画角基本形スタイル」がこれ。GX7mk2にLEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.というコンビ。並べてくれないとサイズ感の比較ができないではないかと自分でクレーム入れたくなるんですが、ボディとレンズの総合で、α6400+SIGMA 30mm F1.4 DC DNは、GX7mk2+LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.にくらべてもちろん多少大きく、重くなります。ますが、撮影スタイルを根本から変えるようなサイズ差、重量差ではないですね。

…丁寧なブロガーさんはこういう時に、きっちりと比較表を作ってサイズは幅が何ミリ違って、重さは何グラム変わって、という感じで伝えてくれるんですよね。ほんとにありがたいです。感心してないでお前もやれやと再度自分でも思ったもので調べましたら、α6400を買った時の投稿でボディサイズの比較写真は撮っていましたので再掲します。

こうしてボディーだけ比べるとほぼ同等、ということなんですが、やはりカメラは「レンズ込み」で考える必要があるってことですね。SIGMA 30mmとLEICA 25mmとのサイズ差が、そのままトータルでの印象差になっています。

せっかくなので重量もちゃんと計算しましょう。

α6400がバッテリー、カード込みで403g、SIGMA 30mmが265gで、合計668g。

GX7mk2がバッテリー、カード込みで426g、LEICA 25mmが205gで、合計631g。

…そんな変わらんですね汗。まあでもそれはSIGMA 30mmが、APS-C Eマウントレンズとしては軽量な部類に入る製品だということです。事実SIGMAの16mmのほうは405gありますし何よりサイズも例えばマイクロフォーサーズで同じ画角に相当するM.ZUIKO DIGITAL ED 12mmなどと比べたらかなり大きくなりますので、システムはレンズ込みで考えましょうという鉄則に変わりはないわけです。

とは言えそれは、チョイスするレンズ次第では、より大きなセンサーサイズを驕るマウントであっても軽量コンパクトなシステムを組むことは可能だ、ということでもあるわけです。実際、α6400+SIGMA 30mmなら、Macbook Proも入れた仕事用の鞄に一緒に入れて出かけることにためらいはないです。いやためらいますけど、無理じゃないです。

ということで先日、打ち合わせがあって中目黒方面に出かけたので、α6400+SIGMA 30mm F1.4 DC DNのペアを持ち出してスナップしてみました。

中途半端なとこにピントが…

移動がてらの少ないショット数ですが、撮ってて楽しかったですね。やはりスナップではこのくらいの焦点距離がいいな。ボケにもコクがあって、SIGMAの16mmとの絵作りの共通感もあります。

小ぶりなメッセンジャーバッグに、α6400と、レンズはSIGMAの16mmと30mmの2本だけ。そんな旅や街歩きも楽しそう。世の中の、コロナへの向き合い方も徐々に変化しつつあり、GoToトラベルキャンペーンも東京を含めた全国展開になっていきそうな情勢です。涼しくなってきましたし、仕事の合間をみて、小規模でいいからどこかへ出かけてみたくなってきました。

本格的な大口径レンズの楽しさをミラーレスシステムで体験できる、開放値F1.4の明るさを持つ大口径標準レンズ。大口径特有の大きなボケと、シャープで高い光学性能を堪能できる単焦点レンズの醍醐味を、最新の技術と設計思想を凝縮し、多彩な要素のバランスを最適化させたContemporaryラインのコンセプトのもとで具現化している。(リンクはソニーEマウント用です)
ミラーレスに新たなソリューションを。F1.4とコンパクトネスを両立したシリーズの第2弾。高性能大口径広角レンズ、登場。(リンクはソニーEマウント用です)
「進化した瞳AF」シャッターボタンを半押しすると同時に被写体の瞳を検出し印象的な写真が撮れる・「瞳左右選択機能」さらに右目左目のフォーカス選択が可能に・「リアルタイム瞳AF」動物対応。ペットや野生動物の瞳も高速・高精度に検出し、追随可能・180度チルト可動式液晶モニターで自分撮りもらくらく

E PZ 18-105mm F4 G OSS【作例付き】「動画用レンズ」は静止画の夢を見るか?前のページ

SIGMA 30mm F1.4で、ご近所を。次のページSIGMA 30mm F1.4 DC DN

関連記事

  1. E PZ 18-105mm F4 G OSS
  2. 香港益昌大廈
  3. カメラ

    【使用機材紹介】いまだにメイン機 LUMIX DMC-GX8

    弱点のない「準」パーフェクトモデル2015年夏に発売されたモデル…

  4. カメラ

    【使用機材紹介(LUMIXじゃないけれど)】魅力再発見 OLYMPUS PEN Lite E-PL5…

    「OM-D画質」を謳った2012年生まれの名機マイクロフォーサー…

  5. SIGMA 30mm F1.4 DC DN

    カメラ

    SIGMA 30mm F1.4で、ご近所を。

    業務用途を無事終えて長らく間が空いてしまいました。昨年のコロナ渦…

  6. カメラ

    【使用機材紹介】懐かしいけど現役。LUMIX DMC-LX100

    なんやかんやで携行率1位なユーティリティープレイヤー色んな意味で…

おすすめ記事

  1. マップカメラから届いた箱

最近の記事

  1. こっちが話の始まりで。
  2. 完全に業務用セットです、はい。
  3. 収拾がつかなくなってきた
  4. SIGMA 30mm F1.4で、ご近所を。
  5. 【作例付き】SIGMA 30mm F1.4 DC DN

カテゴリー

アーカイブ

プライバシーポリシー

  1. 台湾

    カメラ

    【作例付き】台湾とスクーターと、高いカメラ
  2. カメラ

    【LUMIX】G100は100G重い
  3. LUMIX LEICA DG LENSES BOOK

    LUMIX

    【これ知ってます?】LUMIX LEICA DG LENSES BOOK
  4. Mac他ガジェット

    MacBook Pro、膨れる。【顛末追記あり】
  5. E PZ 18-105mm F4 G OSS

    カメラ

    【作例付き】「動画用レンズ」は静止画の夢を見るか?
PAGE TOP